※ペニスの亀頭部分を増大させる為の注入素材には、幾つか種類があります。体内に吸収が早いヒアルロン酸が主流でしたが、持続性の観点から希望に合わせて選ぶ事が可能です。


【亀頭増大】持続効果がカギ!

注入素材によって、1ヶ月、半年、半年~1年、2年~4年で効果がなくなります。また、半永久的、ほぼ100%そのまま永久的に残る素材もあります。
※永久的に残る素材を除いて、亀頭増大の効果を維持するためには、定期的な追加治療(注入)が必要になります。

亀頭増大 注入素材の種類

亀頭増大の効果が持続するかは、「注入素材の種類」が 大事なポイントになります。亀頭増大には、コラーゲンやヒアルロン酸、アクアミド、バイオアルカミドと言った医療用の注入素材を亀頭部に注入し、膨らませるこ事でその効果を得ます。

従来は、体内に吸収が早いコラーゲンやヒアルロン酸などが主流として行われてきました。しかし、持続性の観点から同じヒアルロン酸でも4倍以上の持続性能を実現した「Sub-Q(サブQ)」が開発されたり、より持続性が高い非吸収性素材である「アクアミド」が開発されています。

現在、この様な注入素材は、日進月歩、進化をし続けており、次々と新素材が開発され提供されているのが現状です。


コラーゲン

■コラーゲンは、主に女性が顔のシワを治療するのに使用されており、非常に安全性が高い素材になります。また、体内に注入されると時間の経過と共に分解し体内に吸収され、増大効果はいずれ消失します。

■コラーゲンは、昔から使用れていて、実績も多く、元々体内に存在するタンパク質の一種で、体を構成する全タンパク質の約30%を占めています。その為、体に害を与える事はありません。安全性が高く、皮膚の若返りが期待できます。

■コラーゲンは、半年~1年程度で、完全に吸収されてしまいます。増大効果は長く持続しませんが、比較的材質も硬いので早漏予防と亀頭強化の効果があります。更に増大の効果を維持するためには、定期的な追加治療が必要となります。

ヒアルロン酸

■ヒアルロン酸は、水分の保有能力に優れた素材で、主に女性が顔のシワを治療するのに使用されます。ヒアルロン酸は、体内に注入されると時間の経過と共に分解し体内に吸収され、増大効果はいずれ消失します。

■注入される素材として、最も一般的なのがヒアルロン酸です。昔から使用れていて、実績も多く、元々体内に存在するタンパク質の一種ですから、体に害を与える事はありません。安全性が高く、皮膚の若返りが期待できます。

■一般的なヒアルロン酸では、1ヶ月程、高濃度のヒアルロン酸でも、半年~2年程度、Sub-Qなら2年~4年程度で完全に吸収されてしまいます。増大の効果を維持するためには、定期的な追加治療が必要となります。

■材質が軟らかいので、亀頭増大にはあまり適していません。その為、早漏治療の為に使われる場合が多い様です。

アクアミド

■アクアミドは、97.5%の純水と、2.5%の「ポリアクリルアマイド」と言うソフトコンタクトレンズと同様の原料で作られ、人体に無害な硬質のゲルによって構成された物質です。

■アクアミドを直接、肌に注入する事により、皮膚組織内に薄い膜を作り、周りの組織と融合してボリュームを与え、極めて自然な仕上がりです。

■アクアミドは、体内に注入されるとコラーゲンの皮膜を作り、それによってアクアミドが周りの組織から保護されます。ですからヒアルロン酸と比べて持続性が高く、効果は半永久的に続きます。

■アクアミドは、人体に吸収されないので、持続性が高く、1回の施術で5年以上効果を保ちます。ヒアルロン酸やコラーゲンなど従来の注入剤の効果は、長くても2年程度ですから、様々な注入治療の中でも最も経済的です。

■どの様な注射にも多少のリスクが伴うものですが、アクアミドの場合、何かあったときの修正が難しい事が問題です。除去する場合は、麻酔を使った手術が必要な上、手術をしてもアクアミド全てを取り出す事はできない様です。

バイオアルカミド

■バイオアルカミドは、96%が無発熱性の水、4%が架橋された「アミドイミドアルキル型高分子均一ポリマー体」という、特殊なソフトコンタクトレンズの原料と類似のもので構成された物質です。

■バイオアルカミドを直接、肌に注入することにより皮膚組織内に薄い膜を作り、周りの組織と融合してボリュームを与え、極めて自然な仕上がりです。

■バイオアルカミドは、プチ整形などにも使用されている注射素材ですが、ヒアルロン酸やアクアミド等に比べて硬く、殆んど体内に吸収されない為、ほぼ永久的に残るのが最大の特長です。

■すべての注射素材の中で、最も硬く、その硬さが亀頭に最適です。硬く永久的に残る点で、亀頭増大・早漏治療で使用する注射素材の中で、バイオアルカミドは最も優れていると言えます。

■どの様な注射にも多少のリスクが伴うものですが、バイオアルカミドの場合、何かあったときの修正が難しい事が問題です。除去する場合は、麻酔を使った手術が必要な上、手術をしてもバイオアルカミド全てを取り出す事はできない様です。


検索
包茎手術
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気のクリニックが集まっているエリアを紹介



医院
包茎手術
 クリニック一覧

■当サイトで、オススメの包茎手術クリニックになります。実績、人気ともに良好!

検索
包茎手術
 種類・パターン


包皮を切除する術式
  • 環状切開法
    低価格を実現!安全性が高く、見た目がツートンカラーになります。

  • 亀頭直下埋没法
    多くの包茎専門クリニックで採用!特に人気の施術になります。

  • 亀頭下環状切開法
    更に高度な技術が必要!特に性感帯である小帯(裏筋)を温存します。

  • クランプ法
    クランプと言う専用器具を使って包皮を挟んで切除します。

  • 根部環状切除法
    ペニス先端は何も変わりません。見た目を気にされる方に評判。

  • 複合曲線作図法
    従来の治療を進化させた手法!〇〇クリニックで受けられます。

包皮を切除しない術式

検索
包茎手術
 以外のオプション


男の悩み解消・改善方法